新郎新婦向け

【危険】結婚式場の即決割引に騙されるな!【読まないと後悔します】

こんにちは、しょうたです。
今回は、

 

新婦
新婦
結婚式場の見学に行くと即決割引の見積もりが出てくるけど、かなり安くなっているから即決していいと思う?

こういった疑問にお答えします。

 

この記事の信頼性

この記事を書く私は、ブライダル業界歴6年。さまざまな式場会社を調査し、各式場の特徴を研究しています。また、大手エージェントへの繋がりもあり、ブライダル業界の動向を日々調査しています。

 

式場見学に行くと、必ずと言っていいほど耳にする即決割引。即決割引はあって無いようなものです。仕組みを知らなければ後悔します。

このブログを読み、「なぜ式場は即決割引をするのか?」「即決割引の裏には何があるのか?」を知ってください。そうすれば即決割引に騙されなくなります。

即決割引を怪しんでいる、即決割引の見積もりを出されて即決しようか迷っている新郎新婦は、この記事を最後まで読んでいただき、いい結婚式に繋げてください。

本記事では、【危険】結婚式場の即決割引に騙されるな!【読まないと後悔します】について下記のとおり解説します。



 

即決割引に騙されるな!

結論、新郎新婦は値引き交渉をしてないのに、プランナーから提案される割引、即決割引はあって無いようなものです。

即決とは

初めて式場見学に行ったその日に、成約(申込み)をすることを言います。

式場見学の見積もり説明のときに、

プランナー
プランナー
今日決めていただけたら、この見積もりから100万円割引きします。

とプランナーから提案されることが多い。しかし、それはです。

表面上は100万円割引をしている風に見えますが、実はきちんと裏で操作されています。

どのような操作がされているかというと、

  • 割引できるように、上乗せされた見積もりを最初に見せる(例:100万円割引なら100万円上乗せしている)
  • 料金が定まっていない会場費やサービス料を高く設定し、アイテムから引いていると見せかけて会場費やサービス料から引いている
  • 割引くために存在しないアイテムを入れている(料理に多い。打ち合わせになるとグレードアップした料理しか案内されないため、後から見積もりが上がる原因である)
  • 質の悪いアイテムを入れている

割引額が大きくなるとお得に感じるので、式場側はその隙をついてくるのです。

  • A社→最初の見積もり金額が300万円(割引なし)
  • B社→最初の見積もり金額が400万円→即決割引100万円→結果、300万円になる

上記は同じ金額ですが、B社のほうがお得に感じますね。特に式場見学中は、テンションが上がっており正常な判断ができないので余計にお得に感じやすいです。

プランナーからではなく新郎新婦から値引き交渉をした場合、その割引金額はお得になっているケースが多いです。

あくまで、プランナーから提案される即決割引はお得でないということです。

 

お金がいる仮予約にも注意しろ

悪徳な結婚式場は、あの手この手で新郎新婦からお金を取ります。

即決割引の次に注意が必要なのは、お金のいる仮予約です。

仮予約とは

新郎新婦の名前で希望日を1週間無料で押さえておき、後日返答する制度のことです。

上記にも記載のとおり、本来仮予約は無料で希望日を押さえることができる制度です。

にも関わらず、

プランナー
プランナー
この日はすぐ埋まるので、5万円かかりますが仮予約で日程を押さえましょう。

と誘導する式場もあります。

仮予約と言うとハードルが下がる。それに、数百万円の見積もりを見ているので金銭感覚が狂い、数万円の申込金も安く感じてしまうのが怖いところです。

さらに、仮予約と言いつつ申込書(新郎新婦の名前や住所を記載するもの)を書かされることがあります。ただ、これは仮予約ではなく申込み、つまり成約です。

無料で仮予約を勧める式場はオススメですが、お金を取ってくる式場とは一線引いたほうがいいですね。

 

空き状況は嘘の可能性がある

悪徳な式場はとにかく急かしてきます。

プランナーに数日間空き状況を聞くと、

プランナー
プランナー
この月は人気なのでほとんど埋まっていますが、この1日だけ空いていました。
プランナー
プランナー
全て成約済みでしたが、先ほどキャンセルがありこの日だけ空きました。

など、偶然を装い空いていたという演技は、新郎新婦にとって「早く押さえないと取られてしまう」と言う心理状態になるので、成約の後押しになるのです。

実はこれも営業トークで、成約してもらう、急かすためプランナーが嘘をついている可能性があるのです。

本当に埋まっていることもあるので絶対に嘘とは言えませんが、急かす営業トークに負けずに即決はしないほうがいいです。

 

冷静になることが大事

営業トークで即決することもあるのですが、もう1つ即決をしてしまう理由があるのです。

それは、式場見学した後の新郎新婦のテンションはMAX!冷静な判断ができない状態になり即決する。

プランナーも新郎新婦のテンションを上げるために、

  • 感動する映像を見せる
  • スタッフ総出でフラワーシャワー体験や扉オープンなどのおもてなしを演出する

といった工夫もしています。

そういった体験をすると、人は冷静に物事を判断できないものです。

そこに、

プランナー
プランナー
今日決めたらこれだけ割引や特典を付けます。

とプランナーから言われれば、勢いで申込みをしてしまいますよね。

必ず家に帰って冷静になってから見積もりや会場の雰囲気を再確認しましょう。

即決をさせるために長時間拘束をする式場もあります。思考停止させて即決に持っていくスタイルが横行しているので、はっきり帰る意思表示をしましょう。

 

なぜ即決を求められるの?

結論、他の結婚式場に行かせたくないから。

今のブライダル業界は新郎新婦の取り合いです。なので、ほとんどの結婚式場は即決営業で成約に持っていきます。

他会場に見学に行かれてしまうと即決をされて戻ってきてくれない。そういうことが日常茶飯事なので、できるだけ即決をしてもらい他会場の見学を阻止したいのです。

悪徳な式場は、競合先の式場の悪いところ新郎新婦に伝えてマイナスなイメージを植え付けます。

自分の会場のアピールもできない式場は避けるべきです。

また、特にゲストハウスや専門式場といった式場は、「本年は◯組目標にしているので◯円貸してください」と銀行にお金を借りています。

そのため、目標達成しないと銀行からの融資が受けることができないので、目標達成のために血眼で成約を取りにいくこともあります。

  • 他会場に行かれるのが嫌
  • 目標達成のため

という理由で即決を求めてくるので、即決を求められたら断る意思を持つようにしましょう。

最初に解説したとおり、即決割引・特典はまやかしですからね。

 

即決してもいい新郎新婦の特徴

即決はしてはいけないと散々伝えてきましたが、中には即決をしてもいい新郎新婦もいます。

どういう新郎新婦が即決をしてもいいのか下記にまとめました。

  • 見積もりの内容を全て把握している(自分たちが希望するアイテムやグレードが反映されている)
  • 見学前にゲストの人数を数えている
  • 日程があいまいではない(希望日を数日ピックアップするとなおよし)
  • お互いの両親に結婚式場を決める許可を取っている
  • その場のテンションで決めず、冷静になって決めている

など、ほぼ全ての内容がある程度固まっていて、疑問点もクリアになっている新郎新婦です。

このような新郎新婦は、気に入っていない会場で即決をすることはなく雰囲気にも流されません。

そういった新郎新婦なら、気に入った会場であれば即決するのもありです。わざわざ申込みのために式場へ足を運ばなくても済みます。

即決をする場合は、プランナーから提示された即決割引で即決するのではなく、さらに交渉してみるといいですね。追加で即決割引があることが多いです。

 

即決をしなくてもいい理由

即決割引・特典に騙されてはいけないことを解説しましたが、やはり割引や特典に魅了される新郎新婦は多いと思います。

それでは最後に、即決をしなくてもいい最大の理由をお話しします。

それは、即決割引・特典はいつでも付けてくれるから。

新婦
新婦
え?!今日決めるから割引や特典が付いているんじゃないの?

こう考えた時点で式場側の思う壺です。最後に詳しく解説しますね。

 

即決割引・特典はいつでも付けてくれる

  • 今日決めたら〇〇円引き
  • 今日決めたら特別にこの特典を付けます

などの即決割引・特典は、後日いつ成約しても付けてくれます。なぜなら、式場は空いている日をなんとしても埋めたいからです。

即決できなくても後日に、即決割引・特典を付ける条件で成約をする意思表示をすればすんなり応じてくれますよ。もちろん、日程が空いていればです。

人気シーズンだと難しいこともありますが、私の肌感覚として9割は応じてくれます。

後日に、即決割引・特典を付けてもらうトークとしては、

「いろいろ検討しましたが、やはり〇〇の会場がいいとなりました。両親も賛成してくれています。ただ、現状の見積もりだと第2希望の式場にしようという話にもなっています。見学のときに出していただいた即決割引・特典を適用していただけるなら申込みに行きたいのですがいかがでしょうか?」

このようなトークが言えれば、間違いなく即決割引・特典を付けてくれます。なので、わざわざ見学した日に申込まなくてもいいのです。

 

後悔しないように結婚式場を選ぼう

結婚式というイベントはお2人だけで決めるものではありません。両家の意見もきちんと反映して、相談して決めていくイベントです。

即決割引・特典という式場の思惑に騙されないように、後悔のない式場選びをしてください。

今日は決めないと伝えているのに、それでも長時間拘束する式場は検討外にしたほうがいいでしょう。

会場が気に入っていても、あとから100万円、200万円と見積もりが上がったり、言った言わないで揉めることになります。

即決割引・特典・長時間拘束の会場は、そのような特徴がありますからね。

お2人だけで結婚式場探しをするのが不安なら、一度式場紹介エージェントを使ってみるのもありです。

相談に一切お金がかからないので損をすることはありません。

式場紹介エージェントはたくさんありますが、その中でもマイナビウエディングがオススメです。

式場を厳選しているので、悪徳式場は他のエージェントより少なく探しやすいですね。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

これからも、良質な情報発信をしてきます。それでは、次回の記事を楽しみにお待ちください。