新郎新婦向け

結婚式でもらって嬉しい人気の引出物は?【結論:カタログギフトです】

こんにちは、しょうたです。
今回は、

 

新婦
新婦
引出物選びって大変。どんな引出物が人気で、何をお渡ししたら喜ばれるの?

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事の信頼性

この記事を書く私は、ブライダル業界歴6年。さまざまな式場会社を調査し、各式場の特徴を研究しています。また、大手エージェントへの繋がりもあり、ブライダル業界の動向を日々調査しています。

 

結婚式の引出物選びってかなり大変ですよね。

 

  • 何を渡せばいいのだろう
  • どんな物が1番喜ばれるのだろう

 

と悩みが尽きませんね。

事実、多くの新郎新婦がたくさん時間をかける内容でもあります。

しかし、人気な引出物と相場を知ることで悩む時間も短縮され、かつゲストに喜ばれる引出物選びができます。

もし、今あなたが引出物選びで頭を抱えているのなら、

この記事を読めば、ゲストが喜ばれる引出物を簡単に選ぶことができます。

 

本記事では、結婚式でもらって喜ばれる人気の引出物について下記のとおり解説しますので、ぜひご覧ください。

  • そもそも引出物って?
  • もらって嬉しいゲストに人気な引出物
  • ゲスト別にオススメな引出物
  • 引菓子も合わせて考えよう

 

しょうた
しょうた
引出物選びって本当は楽しいはず。「あの人はどんな引出物がいいかな」って想像しながら、難しく考えずに楽しく選びましょう。

 

 

そもそも引出物って?

引出物とは・・・

引出物は結婚式固有のものではなく、祝宴の席で主催者がゲストに対して感謝の気持ちを込めて贈る物を言います。

引出物の歴史は深く、平安時代に【ゲストへのお土産として用意した馬を庭に引き出した】ことが由来とか。

現在の結婚式では、ほとんどの場合引出物を用意します。

 

基本的には、1世帯に1セットを贈ります。

 

本来は、偶数(割り切れる数)を避けることが良いとされ、奇数(割り切れない数)が好まれています。

 

地域によっては引出物・引菓子に加えて、出身地の銘菓・鯛や赤飯、鰹節などの縁起物を足して、3品、5品と用意する風習も残っています。

 

【引出物・引菓子に特徴がある代表的なエリア】

地域特徴
秋田・山形寝具を引出物に用いることがある。
愛知・岐阜3品を贈るのが礼儀とされ、引出物・引菓子に、名詞代わりの品である「名披露目(なびろうめ)」が加わる。引出物と引菓子は両家名、名披露目は新郎新婦名の熨斗をつける。
新潟引出物・引菓子・赤飯・果物などの籠盛り、松の葉の5点を贈ることが多い。「松の葉」とは、新郎新婦の名刺代わりの品で、タオルや風呂敷など1,000円程度の小物が多い。熨斗には、松の葉と新郎新婦の名前を記す。
富山引出物・引菓子・赤飯・細工かまぼこの組み合わせが多い。細工かまぼこは、鯛や富士山などの縁起物をかたどったものを贈る。
広島新婦の名前で和菓子をつけることがある。
香川・愛媛の東伊予地方口に入れるとすぐに溶けてしまう「おいり」というあられ菓子を贈る。直径1cmほどの球体で、桃色・白・緑・オレンジなどの色がついている。
徳島餅米の薄い焼き菓子に砂糖を塗った「ふやき」という紅白の煎餅を小袋に入れて配る。

 

 

しょうた
しょうた
ゲストによって、引出物の種類や個数を分けるといいですね。

 

引出物の相場

相場としては、ゼクシィトレンド調査2019(関西)によると、

 

  1. 3千円〜4千円 41.4%
  2. 5千円〜6千円 24.2%
  3. 4千円〜5千円 10.5%

平均5.4千円

 

となっております。

引出物と引菓子を用意する場合は、【引出物:3,000円~6,000円】【引菓子:1,000円~2,000円】程度の組み合わせが多いです。

ただ、地域によっては引出物の相場に違いがあります。

例えば、

 

  • 北海道・・・結婚式は会費制のことが多いため、引出物も2,000円程度と相場が低め。
  • 福井県・・・豪華な結婚式を行う習慣がある。引出物も豪華になり、1万円前後と相場が高くなる。

 

 

しょうた
しょうた
地方のゲストを多く招待する結婚式の場合は、その土地の相場を確認しておくと安心ですね。

 

ゲストによって相場が変わる

結婚式には、【友人・同僚】【上司・恩師】【親族】とさまざまな関係性のゲストが参列します。

ゲストによってご祝儀やお祝いの額が異なるため引出物の金額の相場も変わってきます。

 

ゲスト別 引出物の金額の相場

新郎新婦との関係金額の相場
友人・同僚3千円〜5千円
上司・恩師5千円〜1万円
親族7千円〜1万5千円

 

引出物はお祝い返しの感謝の印なので、適当にあしらわず真剣に選ぶようにしましょう。

 

ご祝儀の金額と引出物の金額が釣り合わない場合は、内祝いという方法でお返しすることもできます。

 

 

もらって嬉しいゲストに人気な引出物

ゲストに人気でもらって嬉しい引出物は、タイトルにもあるとおり【カタログギフト】です。

ゼクシィトレンド調査2019(関西)でも、カタログギフトは全体の68.2%と、2位の食器類31.0%と比べると大変人気なのがわかります。

カタログギフトをもらったゲストは自分の好きな物を選べることができる。そこが、カタログギフトの最大の魅力です。

また、引出物は当日持ち帰るので遠方ゲストや女性ゲストからは「かさばらずに持ち帰りやすい」という意見や、

会社の上司からは「カタログギフトなら家族にあげることができるのでありがたい」という意見も多数あります。

さらに、カタログギフトには、

  • 食器類
  • タオル類
  • コスメ類
  • インテリア類
  • グルメ商品
  • 旅行関係

など幅広く商品が取り揃えられているのも魅力のひとつですね。

 

カタログギフトでオススメな会社と言えば、【ハーモニック】【シャディ】という企業が力を入れています。

 

ハーモニック

結婚内祝いに適したカタログギフトを豊富に取り揃えている。

ウエディング専門カタログ以外にもグルメやベビー商品を中心に取り扱ったカタログなど、それぞれの方にぴったりのカタログを選ぶことも可能。

業界トップクラスの品ぞろえで、本当に喜ばれるカタログギフトを選ぶことができる。



 

シャディ

常時1万点以上の豊富な品揃えが特徴。

ブライダル限定・洋柄・和柄・グルメ専用・旅行専用など、年齢を問わずどなたにでも喜ばれるカタログギフトを取り揃えておりゲストに合わせて選ぶことができる。



 

上記のサイトを参考にして、きちんと感謝の気持ちを伝えれる引出物選びをしましょう。

 

引出物は持込料がかかることもあります。ただ、交渉次第では持込料を無料にしてもらえる可能性もあります。お得に引出物が用意できるといいですね。

 

 

ゲスト別にオススメな引出物

カタログギフト以外にオススメな引出物をご紹介します。

ただ、引出物はゲストによって趣味嗜好で分ける物ですのでご参考程度にご覧ください。

 

一人暮らしゲストにオススメ引出物2品

1品目は【王道の今治タオル】です。

タオルは消耗品なので何枚あっても困ることはありません。
特に1人暮らしのゲストには喜ばれる贈り物です。

 


2品目は【カトラリーセット】です。

1人暮らしのカトラリー類は安く済ませてしまうもの。
だからこそ、少しでも質の良いカトラリー類を贈るとゲストは嬉しいはずです。

 

男性ゲストにオススメ引出物2品

1品目は【フローズンキューブ】です。

特に、お酒をよく飲まれる人には好まれますね。
見た目もカッコよくオシャレなので、貰って嬉しいはずです。

 

2品目は【靴磨き】です。

サラリーマンをされているゲストには必需品ですね。
靴磨きセットは意外と高いので、引出物として贈ると喜ばれます。

 

女性ゲストにオススメ引出物2品

1品目は【コスメセット】です。

特に女性に人気のジルスチュアートは、女性の友人に贈る新婦は多いですね。

 

2品目は【化粧ブラシ】です。

特に、携帯用ブラシはあればありがたい物。
ただ、自分では買おうとあまり思わないので引出物としても需要があります。

 

カップルや夫婦ゲストにオススメ引出物2品

1品目は【ペアグラス】です。

お酒用や普段用など、使い勝手がいいので喜ばれるカップル・夫婦は多いです。

 

2品目は【お皿】です。

2人暮らし以上のゲストならお皿もよく使います。
普段使いにもぴったりな、ただ少し良いお皿を贈ると大切に使っていただけますよ。

 

 

引出物は、新郎新婦からゲストへ感謝の気持ちや心遣いが伝わりやすいアイテムです。

また引出物は、両親の意見が参考になったとよく聞きます。

誰に何を贈るのか事前に両親と相談しておきましょう。

人気商品も参考にして、種類が多くある引出物の中からゲストに喜んでもらえる引出物を選んでみてください。

 

 

引菓子も合わせて考えよう

そもそも引菓子とは、

引菓子は【幸せのおすそ分け】という意味があり、

引出物は両家からの贈り物に対して、引菓子は新郎新婦からの贈り物です。

引出物とともに渡すもので、昔は縁起物をかたどった干菓子が主流でした。

ただ最近は、洋菓子や和菓子が主流となっています。

 

人気の引出物3選

引菓子は、できるだけ日持ちがする持ち帰りやすいものを選ぶと気遣いがあって良いです。

引菓子の賞味期限は、短くても1週間ほどあるものを選ぶといいでしょう。

 

王道のバームクーヘン

バームクーヘンは、断面の模様が木の年輪のように見えることから【繁栄】【長寿】【幸せ重ねる】などを連想させる縁起の良いお菓子として、結婚式の贈り物として好まれています。

 

食べやすいお菓子の詰め合わせ

家族がいるゲストには、お菓子の詰め合わせがオススメです。

賞味期限は長い商品が多く、また食べやすく小分けされているので、ご家庭があるゲストには喜ばれます。

 

ご年配に考慮した和菓子セット

ご年配のゲストは洋菓子が苦手なケースも多いです。

ゲストの好みに合わせて和菓子を贈ることも、ゲストへの気遣いです。

 

引菓子は引出物のように種類は少なく、だいたい同じものになります。

しかし、

「あの人はこの味が好きそう」「あの人は甘いもの苦手だからこれにしよう」

と、ゲストのことを考えながら選ぶことが大切です。

引菓子も、大事な感謝の気持ちや心遣いが伝わりやすいアイテムです。

 

縁起物については下記の記事をご覧ください。

結婚式で渡す引出物に縁起物は必要?【結論:必ず入れるものではない】こんにちは、しょうたです。 今回は、 こういった疑問にお答えします。 引出...

 

 

まとめ

引出物とは

引き出物は結婚式固有のものではなく、祝宴の席で主催者がゲストに対して感謝の気持ちを込めて贈る物を言います。

現在の結婚式ではほとんどの場合引出物を用意し基本的には1世帯に1セットを贈ります。

引出物の相場
相場としては、ゼクシィトレンド調査2019(関西)によると、

  • 3千円〜4千円 41.4%
  • 5千円〜6千円 24.2%
  • 4千円〜5千円 10.5%
    平均5.4千円

となっております。

ゲストによって、ご祝儀やお祝いの額が異なるため引出物の金額の相場も変わってきます。

  • 友人同僚:3千円~5千円
  • 上司・恩師:5千円~1万円
  • 親族:7千円~1万5千円

 

 

ゲストに人気な引出物

ゲストに人気でもらって嬉しい引出物は、タイトルにもあるとおり【カタログギフト】です。

ゼクシィトレンド調査2019(関西)でも、カタログギフトは全体の68.2%と、2位の食器類31.0%と比べると大変人気なのがわかります。

カタログギフトをもらったゲストは、自分の好きな物を選べることができます。

カタログギフトには、

  • 食器類
  • タオル類
  • コスメ類
  • インテリア類
  • グルメ商品
  • 旅行関係

など幅広く商品が取り揃えられているのも魅力のひとつです。

 

 

引菓子も合わせて考える

引菓子は幸せのおすそ分け】という意味があり、引出物は両家からの贈り物に対して、引菓子は新郎新婦からの贈り物です。

引出物とともに渡すもので、昔は縁起物をかたどった干菓子が主流でした。

ただ最近は、洋菓子や和菓子が主流となっています。

 

現在の結婚式は、予算を重視するばかりで引出物のことを考えない新郎新婦が多くなってきました。

予算も大事ですけどね(笑)

ただ、引出物をケチるのはせっかくきていただくゲストに失礼です。

引出物は、ゲストへ向けた感謝の気持ちと気遣いの印です。

この記事を参考にして、しっかり考えて決めていきましょう。

 

しょうた
しょうた
引出物も引菓子も、ゲストがもらって嬉しいものをゲストごとの選ぶようにするといいですね。

ゲストごとに引出物の種類を選ぶのは、意外と楽しい時間になりますよ。