新郎新婦向け

【保存版78選】ウェディングプランナーがオススメする結婚式の人気演出

こんにちは、しょうたです。
今回は、

 

新婦
新婦
結婚式で人気の演出を定番からトレンドまでできるだけ教えて欲しい。

 

こういった疑問にお答えします。

 

この記事の信頼性

この記事を書く私は、ブライダル業界歴6年。さまざまな式場会社を調査し、各式場の特徴を研究しています。また、大手エージェントへの繋がりもあり、ブライダル業界の動向を日々調査しています。

 

この記事を読めば、結婚式の演出に困ることはありません。

この記事の中から、お2人が好きな、ぴったりな演出を探して実際に取り入れてみてくだい。きっと盛り上がる楽しい結婚式ができますよ。

この記事では、結婚式で定番となっている演出からウェディングプランナーがオススメする演出まで一挙公開しています。

今あなたが結婚式の演出について知りたいなら、まずはこの記事を読んで取り入れてみたい演出を探してください。

本記事では、【保存版】ウェディングプランナーがオススメする結婚式の人気演出78選
について下記のとおり解説しますので、ぜひご覧ください。

 

【定番からトレンドまで】挙式前から挙式後の人気演出19選

✔︎ファーストミート(新郎新婦ver)
ファーストミートは、新郎新婦がそれぞれの部屋でウェディングドレスとタキシードに着替え、挙式前に初めてお互いの姿を見せ合うセレモニーです。

海外では、「挙式前にウェディングドレスやタキシード姿を見ると幸せになれない」という言い伝えがあり定番の演出です。

日本の場合、最近はファーストミートを希望する新郎新婦が増えています。

 

✔︎ファーストミート(両親ver)
ファーストミートは新郎新婦だけの演出ではありません。新郎新婦の晴れの日姿を1番に楽しみにしているのはお互いの両親です。

今まで育ててくれた両親に感謝の気持ちを伝えるためにも、新郎新婦と両親のファーストミートも感動的ですよ。

 

✔︎ベールダウン
ベールダウンは結婚式の定番ですね。もともとベールは魔除の意味で使用されています。

それを母親がバージンロードを歩く前に下ろすことによって、花嫁の安全と幸せを願いながら、母親の最後の子育てを果たすことを意味しています。

ベールダウンを親族だけの部屋で行うこともありますが、ほとんどはチャペルの入り口やバージンロード前で取り入れられることが多いです。

 

✔︎アイルランナー
アイルランナーとは、バージンロードに敷かれた布を表しています。

その布に小さいときから今までの写真をプリントして、その上を思い出とともに歩いていく演出です。

海外の結婚式では定番なアイテムで、写真だけではなくお花などを装飾してオリジナルのアイルランナーを作る新郎新婦も多くいます。

 

✔︎ダーズンローズセレモニー
ダーズンローズとは、新郎がゲストから花を1本ずつ受け取り、それを花束にして新婦にプロポーズする演出です。

花束を受け取った新婦は、その中から1本の花を選んで新郎の胸ポケットに入れることで愛を誓うことができます。

最近では、人前式で多く取り入れられているようになりました。

このセレモニーは、ヨーロッパで古くから続いており、本来は12本のバラを使った誓いのセレモニーです。

12本のバラには、

「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」

の意味がそれぞれ込められており、ダズンローズセレモニーは、これらをすべて誓うという意味も持っています。

 

✔︎リングボーイ・リングガール
指輪交換の前にバージンロードを歩き結婚指輪を運ぶのが、リングボーイ・リングガールの役目です。

入場の順番は式場によって異なりますが、多くの場合は新郎新婦の指輪交換前に行われます。

結婚指輪をのせたリングピローを持って恥ずかしそうにバージンロードを歩く姿は、とても可愛らしくゲストに人気な演出です。

また最近では、子供たちがラジコンカーに乗って登場する演出も増えています。

これなら、歩くのが苦手な子供でもリングボーイ・リングガールを任せることができますね。

 

✔︎フラワーボーイ・フラワーガール
挙式の入場の際に、花びらをバージンロードにまきながら新郎新婦の前を歩いてサポートするのがフラワーボーイ・フラワーガールの役目です。

基本、女の子にお願いするのが一般的ですが、男の子にしてもらう場合も多くあります。

 

✔︎トレーンボーイ・トレーンガール
ドレスのトレーンの裾を持って新婦をサポートするのが、トレーンボーイ・トレーンガールの役目です。

子供たちが必死に長いトレーンを持ってサポートしている姿が可愛らしく、挙式中に微笑ましい笑顔が生まれてオススメです。

 

✔︎リングリレー
リングリレーとは、まず新郎側のゲスト・新婦側のゲストに結婚指輪を通した1本のリボンを用意します。

そのリボンを、ゲストが後ろから前へリレーをして新郎新婦のもとに運ぶセレモニーのことです。

リングリレーの演出は、ゲストとの一体感が生まれるのはもちろん、子供からご年配のゲストまで参加ができるのも魅力のひとつ。

また、ゲストが指輪交換に参加することにより、新郎新婦の結婚を承認するという意味も持っています。

 

✔︎エンゲージカバーセレモニー
エンゲージカバーセレモニーとは、結婚指輪(マリッジリング)交換のあとに、新郎が新婦に婚約指輪(エンゲージリング)を贈るセレモニーのことです。

結婚指輪の上から婚約指輪を重ねて付けることで、ふたりの愛、幸せに蓋をするという意味があります。

 

✔︎サンドセレモニー
サンドセレモニーとは、新郎新婦それぞれが選んだ色のついた砂をひとつの入れ物に注ぐ演出です。

砂を混ぜると再び分けることができないことから、これからは2人でひとつの家族として生きていくという意味を表しています。

用意するものは色のついた砂と入れ物のみなので、演出に何か加えたい新郎新婦にはぴったりです。

 

✔︎植樹の儀
植樹の儀とは、新郎新婦が鉢の中に木や苗を植えて水を注ぐセレモニーです。

もともと木には子孫繁栄の象徴とされており、子宝に恵まれますようにや木が育つように、長い間2人で愛を育みますという願いも込められています。

挙式後は、家の庭に育てたり、観葉植物として家に置いておく新郎新婦も多いです。

観葉植物として家に置くなら、パキラがオススメですね。

 

✔︎サンドキス
お子様がいる新郎新婦にオススメで、お子様を新郎新婦の間に挟んで誓いのキスをする演出です。

家族の仲睦まじい様子に、みんなが笑顔になるあたたかい演出のひとつですね。

 

✔︎フラワーシャワー
フラワーシャワーは今では定番の演出ですね。

花の香りで、悪魔や災難から新郎新婦を守り幸せを願うという意味が込められています。

 

✔︎バブルシャワー
バブルシャワーとは、フラワーシャワーの花びらの代わりにシャボン玉を飛ばす演出です。

カメラで撮るとかなり写真が映えて、思い出の1枚になること間違いなし。

ゲストがシャボン玉を拭く場合と機械を使って大量に飛ばすこともできます。

 

✔︎バルーンリリース
バルーンリリースも今となっては定番の演出です。

ヘリウムガスを挿入した風船を空に飛ばす演出で、2人の幸せが天までと届くようにという意味が込められています。

見た目の綺麗さや写真映えの良さなどから人気演出の1つです。

 

✔︎リボンワンズ
リボンワンズとは、棒状のものにリボンや鈴をつけて旗のように振ってお祝いする演出です。

フラワーシャワーと異なり後片付けが不要なので、場所を選ばずほとんどの式場でできるのがメリットですね。

リボンワンズのデザインは新郎新婦によって異なり、素材にこだわる新郎新婦もいればプレゼント用としてお洒落に飾り付けすることもできます。

 

✔︎ブーケトス・ブーケプルズ
ブーケトスとは、新婦がゲストに向けてブーケを投げる定番演出です。

新婦が投げたブーケを取ることができた独身の女性は、次の花嫁になれるとされており幸せをお裾分けという意味があります。

ブーケプルズとは、まず複数のリボンを用意して、そのうち1つのリボンをブーケをくくり付ける。

そして、一斉にリボンを引いて、ブーケ付きのリボンを引いたゲストが次の花嫁になるといった演出です。

くじを引くようなワクワクした気持ちになると評判で、人気の演出の1つですね。

 

✔︎お菓子トス
ブーケトスの代わりにお菓子をトスする演出です。

ブーケトスは、未婚の女性に出てきてもらうのでそれが恥ずかしいと思う人も多い。

その点お菓子トスであれば、全員が参加できる演出なので人気急上昇している演出です。新郎新婦の2人で一緒に投げるのもありですね。

 

【盛り上がる演出からゲスト体験型まで】披露宴の人気演出31選

✔︎ユニティキャンドル
ユニティキャンドルとは、両家から受け継いだキャンドルの火を新郎新婦が新たな1つのキャンドルに火を灯すセレモニーのことです。

ユニティキャンドルには、ひとつになるという意味があり、それぞれ別の世界で生きてきた新郎新婦がひとつの家族になることを表しています。

西洋で生まれたセレモニーなのでキリスト教式で取り入れるのが一般的ですが、人前式でも取り入れる新郎新婦も多くなりました。

キャンドルに名前や絵を彫刻したり、いろんなアレンジが可能です。

 

✔︎シャンパンサーベラージュ
シャンパンサーベラージュとは、サーベルでシャンパンのボトルをオープンする演出です。

由来は、フランス海軍の出航式で行われていた儀式で、航海の無事と戦いの勝利を祈ったことが始まりとされています。

結婚式では、災いを祓い、両家の繁栄、永遠の幸せを招くという意味合いで行われる華麗なパフォーマンスです。

また、シャンパンの気泡には、繁栄・途切れない愛を表しているとも言われています。

披露宴の幕開けとして、豪華な演出を取り入れるのもいいですね。

 

✔︎ケーキ入刀
ケーキ入刀も、今ではど定番の演出です。

結婚した新郎新婦が最初に行う共同作業を表しています。

最近はケーキだけでなく、

  • マグロ入刀
  • お肉入刀
  • おにぎり入刀

といったように、新郎新婦の好きなものを取り入れることも多くなりました。

入刀演出も、お2人らしさを出してみるのもありですね。

 

✔︎ファーストバイト
ファーストバイトとは、ケーキ入刀後に新郎新婦がケーキを食べさせ合う演出です。

  • 新郎から新婦には、「一生食べ物に困らせない」
  • 新婦から新郎には、「一生美味しいものを作る」

という意味が込められています。

最近では、ビックスプーンや釣竿を使って食べさせる演出も人気ですね。お2人らしいさが出るファーストバイトをしてみるのもありです。

釣竿のファーストバイトとは、糸を通した釣竿の先にお玉を結びつけて、そのお玉にケーキをのせて食べさせる(釣り上げる)といった演出です。

 

✔︎お手本バイト
お手本バイトとは、新郎新婦がファーストバイトをする前に両親がケーキを食べさせ合う演出です。父から母へ、母から父へといった感じですね。

両親の仲の良さが見られる演出で和むこと間違いなしです。

両親の中には、「恥ずかしい」「やりたくない」と思う場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

 

✔︎サンクスバイト
サンクスバイトとは、今までお世話になった人(特に両親)に感謝の気持ちを込めて新郎新婦がケーキを食べさせてあげる演出です。

サプライズで友人を呼ぶ演出も人気となっています。

 

✔︎ラストバイト
ラストバイトとは、母親から新郎新婦へケーキを食べさせてあげる演出です。

母親からお2人への食べ収めという意味が込められており、小さい頃を思い出して涙を流す感動的な演出ですね。

 

✔︎目隠しバイト
目隠しバイトのやり方は大きく分けて2つあります。

1つ目は、新郎に目隠しをしてもらい数種類の中からスプーンを選んでもらいます。その選んだスプーンでファーストバイトをする演出です。

普通サイズのスプーンを新郎が選びそうになれば、新婦は大きなスプーンに入れ替えてゲストの笑いを誘うこともできますね。

2つ目は、新郎新婦のお2人が目隠しをしたまま同時にファーストバイトをする方法。お2人の息が合うかが見ものですね。

 

✔︎カラードリップケーキ
カラードリップケーキとは、ケーキに甘いソースをかけ流してウェディングケーキを完成させる演出です。

カラードリップケーキは真新しさがあるので、ゲストにとっても楽しい演出となっています。

また、ソースをかける前と後ではケーキのデザインが変わり、フォトジェニックな変化が楽しめるのも魅力ですね。

 

✔︎ファーストダンス
ファーストダンスとは、挙式で新たに夫婦となったお2人が新しい人生を共に歩いていく意味を込めて、披露宴でダンスをする演出です。

初の共同作業という意味を持ち、海外では披露宴の食事のあとにファーストダンスが始まります。

音楽も自由なので、みんなが盛り上がる曲や思い出の音楽を選んでも素敵ですね。

 

✔︎キッズカメラマン
子供も簡単にカメラマンになれるアイテムといえばインスタントカメラですね。

子供の人数分のインスタントカメラを用意して、披露宴の写真をたくさん撮影してもらいましょう。

退屈することなく楽しんでもらえること間違いなしですね。

 

✔︎お色直しエスコート
衣装のお着替えやメイクチェンジをするために、披露宴の中盤でお色直し退場をします。

このとき、一緒に退場をしてもらうゲストにエスコートを頼むことが多いですね。

両親や祖父母、兄弟、友人にエスコートやくを頼むことで、より感動的な演出となります。

 

✔︎カラードレス色当てクイズ
カラードレス色当てクイズとは、その名の通りゲストが新婦のカラードレスの色を当てる演出です。

まず、新郎新婦は数種類ほどケミカルライトを用意します。

受付でゲストに1色選んでもらい、再入場前に暗くなった会場でライトを左右に振りながら入場を待ちます。

まるでライブにきたイメージですね。カラードレスの色を当てることができれば、そのゲストに景品を渡すといったシンプルな演出です。

 

✔︎巨大クラッカー
披露宴の再入場に人気な巨大クラッカー。入場したと当時に巨大クラッカーを鳴らす迫力満点な演出も人気の1つです。

 

✔︎ビールサーバー
ビールサーバーとは、披露宴の再入場の際に、新郎がビールサーバーを担いでゲストにビールを振る舞いながらテーブルラウンドをする演出です。

おもてなし重視の新郎新婦に人気なので検討してみるのありですね。

 

✔︎果実酒ラウンド
果実酒ラウンドとは、まず大きなガラス瓶を持って新郎新婦がテーブルラウンドしながら、そこへゲストが好きなフルーツをガラス瓶に入れていきます。

フルーツを入れ終えたら新郎新婦がアルコールを注いで果実酒を作る演出です。

持ち帰って自宅でゆっくり飲む果実酒は至福のひとときを味わえます。

写真映えがするので最近流行の演出ですね。

 

✔︎フルーツポンチラウンド
果実酒は持ち帰ることが前提ですが、その場でゲストに振る舞いたい場合はフルーツポンチラウンドがおすすめです。

流れは先ほどの果実酒と同じですが、アルコールではなくサイダーを使うことによって、その場でゲストにフルーツポンチを振る舞うことができます。

これも真新しい演出なので、取り入れられる新郎新婦が増えていますね。

 

✔︎シャンパンタワー
シャンパンタワーとは、クープグラスをタワー状に積み上げていき、そこに新郎新婦がシャンパンを注ぐ演出です。

  • タワーを積み上げることは、「これからの人生を一歩ずつ一緒に刻む」
  • シャンパンを注ぐことは、「幸せがこれからも溢れていきますように」

という意味が込められている素敵な演出ですね。

 

✔︎キャンドルサービス
再入場で定番の演出。新郎新婦がテーブルを回りながらキャンドルに火を灯す演出です。

結婚式に参列してもらったゲストの幸せを願う意味でもあります。

 

✔︎フェアリーイリュージョン
フェアリーイリュージョンとは、光り輝く幻想的な水のセレモニーです。

あらかじめ専用のグラスに透明な液体が入っており、後から別のボトルに入っている液体をそのグラスに注ぐと液体が光るという演出。

キャンドルサービスとは違う幻想的な演出をしたい新郎新婦にオススメです。

 

✔︎フォトラウンド
フォトラウンドとは、新郎新婦が各テーブルをまわってゲストと写真を撮る演出です。

人数が多い場合や高砂席とゲスト席が遠いときでも、必ず新郎新婦&ゲストと一緒に写真撮影ができます。

思い出の一枚が残せるので、新郎新婦やゲストからも人気な演出ですね。

 

✔︎さまざまなブッフェ演出
ブッフェ演出はデザートだけでなく

  • かき氷
  • アイスクリーム
  • お茶漬け

など、さまざまなものが用意されています。

ゲストや自分たちの嗜好に合わせたブッフェを用意するといいですね。

ゲスト同士の会話も弾む定番の演出となっています。

 

✔︎グリルバー
夏らしい演出を取り入れたい新郎新婦は、グリルバーというBBQ形式でメイン料理のお肉を振る舞ってはいかがでしょうか。

そこに、スーパーボールやヨーヨーすくいができると夏祭りっぽく子供たちも楽しめますね。

 

✔︎オープンキッチン
オープンキッチンがある会場では、シェフによる料理演出をライブ感覚で見ることができます。

視覚や嗅覚・聴覚でも楽しむことができ、次に運ばれる料理への期待も高まりますね。

出来立ての料理を提供したいグルメな新郎新婦にはオススメの演出です。

 

✔︎フランベ演出
迫力満点の炎の演出です。また、フランベは見た目だけでなくフランベの薫りで食欲もアップします。

メイン料理やデザートでもフランベ演出ができるので、ゲストを楽しませるために取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

✔︎カービングサービス
シェフやサービスマンがゲストの目の前で、生ハムやローストビーフを切り分けてくれる演出です。

フランベ演出と同様に臨場感を味わいたい新郎新婦にはオススメですね。ただ、今では断る式場も多いため確認しておきましょう。

 

✔︎お菓子まき
お菓子まきとは、その名の通り新郎新婦がゲストに向かってお菓子をまく演出です。

結婚式前の新婦が、近所に駄菓子をまきながら新郎に会いに行ったことが由来とか。

みんなでわいわいと楽しみたい新郎新婦にはオススメです。

 

✔︎バンド演奏
新郎新婦からゲストに、ゲストから新郎新婦に音楽のプレゼントは定番の演出です。

盛り上げることも感動させることもできるので、進行に入れる新郎新婦が多くいますね。

また、新郎から新婦へサプライズとしてバンドをすることもあります。

 

✔︎スカイランタン
スカイランタンは、持ち運びできるLEDのキャンドルの入ったランプを空に浮かべる演出です。

ディズニー映画の「塔の上のラプンツェル」を見て取り入れる新郎新婦が増えました。ナイトウェディングにぴったりの演出ですね。

 

✔︎新婦手紙
披露宴のクライマックスで感動の演出である新婦手紙は、多くの新郎新婦が取り入れられます。

普段感謝の気持ちを伝えることができないからこそ、披露宴の場を借りて感謝のメッセージを伝えてみてはいかがでしょうか。

ゲストも涙する演出は、会場中が感動する大変人気な演出です。

 

✔︎両親記念品贈呈
両親記念品贈呈とは、両親に感謝の印として物を贈る演出です。

一般的には花束贈呈ですが、

  • 体重ベア
  • 三連時計
  • 子育て感謝状

などの形に残る物を同時に贈る新郎新婦も多くなりました。

披露宴の結びに、今まで育ててくれてありがとう と感謝の気持ちを伝えながら渡してみてはいかがでしょうか。

両親もきっと、思い出に残る演出の1つとなりますよ。

 

ウェディングプランナーがオススメする人気演出7選

✔︎プレゼントリレー
プレゼントリレーとは、まずマトリョーシカ風になったプレゼントボックスを用意します。

新郎新婦は、最初のゲストにプレゼントボックスを渡しゲストはそのボックスを開けると・・・

そこには小さなプレゼントボックスと指示書、お茶菓子が入っています。

お茶菓子はゲストのプレゼント用。プレゼントを受け取ったゲストは、指示書に当てはまる人にプレゼントを回していく演出です。

最後のプレゼントの中身は、国産牛やテーマパークのペアチケットなどの豪華商品を入れてあげるのもいいですね。

また指示書には、「この会場の中で1番可愛いと思う人、かっこいいと思う人に渡して」と書いていたら、盛り上がること間違いなしです。

 

✔︎ホラー演出
ハロウィンのときにオススメの演出です。

映像を流していると突然砂嵐に。しばらく経つと大きな井戸が出現する。

あとは想像にお任せしますね。

 

✔︎お子様乾杯発声
乾杯発声は多くの場合、職場の上司や友人が行います。ただ、それでは堅苦しい。

そこで、小さなお子様に乾杯発声してもらう。無邪気な子供の可愛さに会場が和やかになるとても温かい演出です。

 

✔︎デュエットで再入場
再入場のときに、

  • まず、新婦が歌いながら入場する(2階入場)
  • 男性パートになったら新郎が歌いながら入場する(1階入場)
  • 新郎は歌いながら新婦を迎えにいき、デュエットしながら一緒に高砂席へ歩いて行く

といった演出です。ミュージカルっぽくて盛り上がりますね。歌に自信がある新郎新婦はぜひ取り入れてみてください。

 

✔︎セグウェイ入場
再入場のときに、新郎新婦がセグウェイに乗って入場する演出です。

予測できない入場の仕方に、ゲストは驚きながらも楽しむことができます。

新郎新婦はスター気分になれますね。新郎がセグウェイで入場して新婦を迎えに行く演出もありですね。

新婦も行う場合は、トレーンの短いドレスにしましょう。

 

✔︎出身orご当地食材の使用
新郎新婦の出身地の食材を当日の料理として振る舞う演出です。

衛生面で断られることもあるとは思いますが、可能であれば取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

✔︎プロ野球団パネル落とし
野球好きにオススメの演出です。

プロ野球12球団のパネルを用意して、ゲストにボールを軽く投げてもらいパネルを落とすゲーム。

例えば、阪神ダイガースのパネルを落とせば「神戸牛プレゼント」、千葉ロッテのパネルを落とせば「ディズニーチケットプレゼント」など、

その球団に由来するものをプレゼントします。

はずれとして、日本ハムのパネルを落とせば「日本ハム」のプレゼントもあり、かなり面白い演出となっています。

 

装飾やウェルカムグッズなどの人気演出14選

✔︎ウェルカムボード
ウェルカムボードとは、受付やウェルカムスペースに飾るボードのことです。

基本的に、ウェルカムの文字とお2人の名前や挙式日を入れることが多いですが、デザインは十人十色。

今では似顔絵つきもあり、素材もコルクからアクリルなどざまざまあります。

 

✔︎ウェルカムサイン
ウェルカムサインとは、会場前やエントランスに置く標識のようなグッズのことです。

欧米では定番のようですが日本ではまだ馴染みはありません。ネットで簡単に購入ができるので、1つ置いてみてはいかがでしょうか。

それだけでおしゃれな雰囲気を作ることができます。

 

✔︎チェキ
チェキとは、撮影した写真がその場で印刷できるカメラのことです。その写真にカラーペンでメッセージを書くことも可能。

ウェルカムスペースでゲストが写真を撮り、新郎新婦へのメッセージを書いてもらって飾ると、とても素敵な装飾ができます。

待ち時間も楽しめる演出ですね。

 

✔︎フォトプロップス
フォトプロップスとは、紙にメガネやサングラス・ハット・ヒゲ・蝶ネクタイなどを印刷して貼り付けたものを言います。

各卓写真で使うことが多く写真映えすると人気ですね。ゲストと一緒に楽しめる演出の1つです。

 

✔︎メッセージウォール
メッセージウォールとは、新郎新婦からゲスト1人ひとりに手書きで手紙を書いて、その手紙を入れた封筒を壁に飾るグッズです。

封筒をカラフルにしたりテーマに合わせて素材を変えることも可能で、オシャレなウェルカムグッズとして人気ですね。

 

✔︎エスコートフラワー

ゲストの人数分、お花が入った器を用意します。その器にゲストの名前が書かれたタグを付けてウェルカムグッズとして置いておくというお洒落な演出です。

ゲストがテーブルに座ってから、テーブル装花の器に活けてもらうというケースもあります。

ゲストにも装飾に参加してもらえることができ、ゲスト同士の会話も弾みますよ。

 

✔︎エスコートカード
エスコートカードとは、披露宴でゲストがどこの席に座るか知らせるカードのことです。エスコートフラワーのカード版ですね。

壁に貼ったり吊るしたりと飾り方は自由。アイデア次第でウェルカムグッズとしての役割も果たせます。

 

✔︎ウェルカムフード
ゲストの待ち時間に、軽い軽食を振る舞うのはおもてなしとしてオススメです。

片手で食べれるフィンガーフードが人気ですね。

封に入っているお菓子なら持込OKという式場もあるので、それなら節約もできます。

 

✔︎ウェルカムドリンク
ウェルカムフードと同じく、ゲストの待ち時間におもてなしとして振る舞う飲み物です。

飲み物の種類としては、

  • ソフトドリンク
  • アルコール入りカクテル
  • ノンアルコールカクテル

などがあり、式場によってさまざまです。

ウェルカムフードとウェルカムドリンクがあれば、おもてなしとして最強ですね。

 

✔︎ウェディングツリー
ウェディングツリーとは、幹と枝だけのツリーのイラストにゲストが指紋を葉っぱに見立ててつけていき、1つの樹木を作り上げる演出です。

ゲストが新郎新婦に対して結婚を認める承認の証としての意味もあります。

指紋の上にゲストの名前を書くのも主流ですね。ツリー以外にもさまざまなデザインがあり、最近では指紋の代わりにスタンプを押してもらうことも人気です。

 

✔︎ハートドロップ
ハートドロップスとは、ハート型のチップにゲストの名前や新郎新婦へメッセージを書いてもらい、額縁風のケースに入れてもらうゲスト参加型の演出です。

最近ではハート型だけではなく、星型やキャラクターの形などチップの形もさまざまあります。

ウェルカムグッズとして会場に置くことや自宅に飾ることもできる人気のグッズですね。

 

✔︎くるくる席次表
くるくる席次表とは、1枚でできた席次表をくるくるに丸めてリボンや紐で結んだ席次表です。

席次表を受け取ったゲストは、紐をほどきながら紙を広げるワクワクドキドキ感を味わえるのが人気となっています。

 

✔︎テーブルナンバー
テーブルナンバーとは、披露宴でゲストの座る席が見つけやすいように数字や記号などを表示した番号札のことです。

最近では、1や2・AやBといった数字や記号の他に、

  • 魚が好きなら魚へんの漢字
  • 宝塚が好きなら「月組」「花組」

といったオリジナルなデザインにする新郎新婦も多くいます。

テーマに合わせてテーブルナンバーを作るのもいいですね。

 

✔︎ブライズメイド
ブライズメイドとは、新婦の付き添い人として、結婚式で新婦のサポートをする女性のことです。

ブライズメイドは、ウエディングドレスの”白”以外の色でそろえたドレスを着て、挙式当日の新婦のアテンドをする大事な役割ですね。

西洋では一般的ですが、日本ではまだ浸透がない演出となっています。

 

和装の人気演出7選

✔︎紅差しの儀
紅差しの儀は、新婦の母親が花嫁である新婦に行う最後のお支度のひとつです。

和装の着付けやヘアメイクが終了したあと、最後の仕上げとして母親に口紅を差してもらいます。

口紅は、無病息災や魔除・お祝いの象徴となっています。

 

✔︎水合わせの儀
両家から汲んできた水を新郎新婦がひとつの盃に注いで飲むことで、違う環境で育った新郎新婦が1つの家族になることを意味している日本古来の儀式です。

最近では入れ物をアレンジすることで、人前式でも人気の演出となっています。

 

✔︎ダルマの目入れ
だるまは、無病息災や家内安全などを祈願する縁起物です。お祝いの場では、このだるまの目入れを取り入れることが多くあります。

結婚式では、だるまの目入れをウェディングケーキで行う演出も和装ならではですね。

ケーキ入刀の代わりに、お2人で一緒にだるまの目入れを行う演出も人気です。

 

✔︎番傘入場
披露宴のお色直し入場で和装を着る場合、紅色の番傘を持ちながら入場するとより華やかになります。

恐らく、もう着ることのない和装で伝統的な日本のスタイルを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

✔︎鯛の塩釜開き
鯛の塩釜びらきは、ケーキ入刀の代わりに縁起物として食べられてきた鯛を使った和装で人気の演出です。

新郎新婦が小槌でたたいて塩釜を開く演出は、夫婦の初めての共同作業となっています。

塩釜を開いたあとは、鯛めし鯛茶漬けなどの料理に変えてゲストに振る舞うこともできますね。

 

✔︎鏡開き
鏡開きは、和装の余興として取り入れられる演出です。

これからの運を開くという意味を持つ、とても演技のいい演出ですね。

 

✔︎こも樽開き
こも樽開きとは、ゲストテーブルごとに1つずつ小さな酒樽を置き、新郎新婦が各テーブルをまわって木槌で樽を開いていく演出です。

酒樽の中身はお酒だけでなく、お菓子豪華な景品などにするのもありですね。

酒樽から何が出てくるのか、ゲストも楽しむことができます。

 

以上です。ここまで見ていただきありがとうございます。

結婚式・披露宴は本当に多くに演出があり、日々形を変えながら進化して増えています。

ぜひ、お2人にぴったりな演出を見つけて結婚式・披露宴に取り入れてください。

この記事が、お2人の役に立つことができたのなら幸いです。