新郎新婦向け

【式場の契約前に必読】打ち合わせで上がらないようにする5つのコツ

こんにちは、しょうたです。
今回は、、、

 

結婚式でよくある話、打ち合わせで見積もりが倍に上がるってよく聞くから怖いな。後から上がらないようにするにはどうすればいいの?

 

こういった疑問にお答えします。

この記事の信頼性

この記事を書く私は、ブライダル業界歴6年。さまざまな式場会社を調査し、各式場の特徴を研究しています。また、大手エージェントへの繋がりもあり、ブライダル業界の動向を日々調査しています。

 

結婚式が決まり会場を探すとき、ブライダルフェアに参加するのが一般的です。

式場の雰囲気も気に入り、見積もり料金も予算内でクリアであればかなりテンションが上がると思います。

ただ、打ち合わせが始まるとみるみるうちに見積もりが上がっていきます。

そして、最終的に初期見積もりから倍になる。

300万円で契約したのに 400万円になってしまった。こういった話はよく聞きますよね。

楽しい打ち合わせが、毎回ドキドキしながら進むのは苦痛ですし怖いです。

本記事では、見積もりが上がるのをできるだけ最小限にするため、初期見積もりから内容の濃い見積もりを作れるよう下記について解説します。

 

  • 打ち合わせで上がらないようにするコツは?
  • 平均どのくらい上がるの?なんで上がるの?
  • 見積もり以外で他にかかるところは?

 

しょうた
しょうた
これからブライダルフェアに行かれる方や見積もりに不安を持たれている方に本記事は参考になるかと思います。

 

 

打ち合わせで上がらないようにする5つのコツは


打ち合わせが始まり、最終何百万円と上がらないようにするコツは下記のとおりです。

 

  1. 参考価格になっていないか確認する
  2. 何人呼ぶかできるだけ具体的にしてから見積もりを作る
  3. 実際に入ってあるアイテムのグレードを見せてもらう
  4. 数十万円単位で上がるアイテムを初期見積もりで入れてもらう
  5. サービス料の確認をする

 

順番に説明していきますね。

 

コツ1:参考価格になっていないか確認する

参考価格とは、アイテム料金は分かるよう見積もりに入っているが、合計金額に反映されていないことを指します。

参考価格にする理由としては、ほとんどの新郎新婦様は受注される商品だが、金額が高いという傾向にあります。

初期見積もりの段階では、成約に繋がりやすいよう安く見せるために参考価格で入っているケースがあります。

参考価格で入れておくなら、見積もりに反映してもらいましょう。

しょうた
しょうた
初期見積もりは、きちんと総合計に反映されているか確認しよう!

 

コツ2:何人呼ぶ?できるだけ具体的にして見積もりを作る

例えば、40名〜70名で考えていると相談したとしましょう。

その場合、基本40名で見積もりを作る会場が多いです。そして、「意外と安い!」と勘違いをして成約するケース。

人数が増えれば見積もりもかなり上がります。

具体的な人数が分からずとも多めの人数で見積もりを作ってもらいましょう。

また、子供料理は意外と高いので、大人○名、子供○名と概算でもいいので出しておきましょう。

お祝儀制の場合、人数が増えれば見積もりは上がりますが自己負担金は減らすことができます。

 

コツ3:実際に入ってあるアイテムのグレードを見せてもらう

初期見積もりの場合は、グレードの低いベースのものが入っています。

なので打ち合わせが始まってから、

え、こんなしょぼいならグレード上げておこう

となり見積もり金額が上がるのです。

 

  • 衣装(洋装か和装でも異なります)
  • 料理(基本ベースが入っています)
  • アルバム(入っていないことが多いです)
  • 花(基本打ち合わせで上がりやすいです)

 

などは実際にアイテムを見せてもらい、いいと思ったグレードを見積もりに反映してもらいましょう。

 

コツ4:数十万円単位で上がるアイテムを初期見積もりで入れてもらう

打ち合わせを進めていくと、数千円、数万円と少しづつ上がっていきます。

数十万円と大きな金額が上がるアイテムは大きく分けて5つに分かれます。

 

  • 料理
  • 映像関係
  • 記録物
  • 衣装
  • 演出関係

 

以上、順番に説明していきますね。

 

1.料理

これは、ほとんどの新郎新婦様がグレードを上げられます。

式場の特典でグレードアップがついていることもありますが、念のため写真や試食会などで確認をしておきましょう。

特に試食会で出される料理はグレードの高いコースが多いので、気に入ればそれを見積もりに入れてもらいましょう。

グレードアップの計算方法としては下記をご参照ください。

 

ベースが¥10,000-の料理で1グレードアップが¥13,000-の場合、
差額¥3,000-×人数=グレードアップ料金

 

また、コース料理だけでなく、ケーキも生ケーキなのかイミテーションケーキなのかも確認しておきましょう。それぞれ長短がありますので、気に入ったものを入れておきましょう。

 

しょうた
しょうた
料理はゲストも1番楽しみにしているので、きちんとおもてなしの意味を込めて考えましょう。

 

2.映像関係

スクローン、プロジェクター代の他に、オープニング、プロフィール、エンドロールといった映像商品があります。

1つの単価としては数万円ですが、全て含めると高額になりますので必要なのかよく考えましょう。

 

エンドロールは、事前で作成した写真での上映、挙式まで、乾杯まで、再入場まで等シーンによって金額が違います。

 

3.記録物

アルバム、ダイジェストエンドロール、ビデオ撮影など記念に残るものです。

結婚式は形のないイベントのため、形に残る思い出の商品にもお金をかける意味はあると思います。

ちなみに、ビデオ撮影は2時間ほどの超大作なので、当日のダイジェストエンドロールのみでいいという新郎新婦様が多いです。

 

しょうた
しょうた
ただ、親御様はビデオ撮影が欲しいと望まれる傾向にありますね。

 

4.衣装

衣装もピンからキリありますので、成約前に実際に衣装見学試着をお願いしましょう。

気に入ったものがあればその衣装で見積もりに入れてもらいましょう。

 

成約条件で、衣装差額は無料という会場がありますが、実際に選べる範囲は限られてきます。例えば自社製品のみや古くなった衣装などです。その場合は、実際にどこからどこまで選べるのか見て決めましょう。

 

ゼクシィ結婚トレンド調査2019(首都圏)によると、平均衣装金額は、
ウェディングドレス:25.9万円
カラードレス:23.8万円
白無垢:17.6万円
色打掛:28.1万円
引用元:ゼクシィ結婚トレンド調査2019

 

5.演出関係

会社のパーティーでよくある演出、カクテルショーや芸能人による漫才・ライブ、マグロの解体ショーなどを披露宴でも行う場合です。

ここに大きくお金をかける人は少ないですが、検討されているのであればどういった演出ができるのか聞いてみましょう。

また、バブルマシーンや花火、バルーンリリースも演出関係に入ります。

上記の演出のように大きな金額はかかりませんが、希望であれば初期見積もりで入れておきましょう。

 

コツ5:サービス料の確認をする

サービス料が明記されているか、非常に高額ではないか確認をしましょう。

相場は10%〜13%くらいです。

 

高いからといってサービスの質はそこまで変わりません。

理由は、現在人件費削減や人不足により、ゲストハウス、専門式場、ホテル関係なく披露宴のサービスにはアルバイトが多い傾向にあるためです。

また、サービス料はどこにかかっているのかを明確にしてください。

 

サービス料は、あくまで会場の唯一の利益分ですから誤魔化す会場は多いです。そういうところは後から高くなります。

 

良質な会場は、料理や飲み物、会場費のみにかかります。

ただ、お花や引出物、映像も当日準備するからという理由でサービス料がかかっている会場もあります。

そのサービス料は、初期見積もりの割引で適応され、表向きはアイテムから引いて、裏はサービス料から引いてるので、会場側としては損なしです。

そして、打ち合わせでグレードアップをすると、プラスサービス料が上乗せされるので高くなります。

 

しょうた
しょうた
ややこしいですが、実際に見積書を見るとイメージできます。

 

 

平均だいたいどのくらい上がるの?どうして上がるの?


首都圏の平均
ゼクシィ結婚トレンド調査2019(首都圏)によると、なんと87%の方が初期見積もりより上がったと回答しています。

また、どのくらい見積もり料金が上がったかというと

1位:プラス100~120万円未満 21.7%
2位:プラス200~220万円未満 12.7%
3位:プラス40~60万円未満 12.2%
4位:プラス20~40万円未満 11.2%
5位:プラス140~160万円未満 8.7%
平均112.7万円アップ!

 

今回は人口が多く結婚式の割合が多い首都圏を参考に出してみましたが、地域差はさほどないように感じました。

上がり幅に驚きですよね。なんと34.4%の新郎新婦様が数百万円も上がっているのです。

正直これは異常です。では、なぜそんな現象が起こるのか次から詳しく見ていきましょう。

打ち合わせで数百万円も上がるカラクリは、原因として大きく3つあります。

 

  1. 式場側が安く見せるためにアイテム類を入れない
  2. 打ち合わせをしていき、そこで初めて必要になるアイテムがわかる
  3. 本人は不要でも両親が入れておくべきと説得される

 

詳しく見ていきましょう。

 

式場側が安く見せるためにアイテム類を入れない

こ参列経験が多い新郎新婦様でも、見積もり内容まで熟知している人は少ないです。

なので、式場側も言葉巧みにアイテムを入れないように誘導し安く見せているだけです。

具体的には、

  • 手作りしている人が多いから今回は入れていない。
  • キャンドルサービスや花束贈呈は、古いのでやる人がいないため入れていない。
  • 映像はしない人が多くなっているので入れていない。
  • 初期見積もりの料理で十分とグレードアップしないように誘導する。
  • 参考価格でアイテム料金のみを入れている。

 

こういったところでしょうか。

何もわからない新郎新婦様はプランナーが頼りです。

運次第と言うとそこまでですが、成約率を気にするプランナーに当たれば、言葉巧みにアイテムを入れない程で話が進みますのでご注意ください。

 

前もって結婚式の演出などを調べ迷ったら入れるようにしましょう。不要になれば、打ち合わせが始まってからでも抜くことができます。

ただ、念のため成約前に確認要です。打ち合わせが始まると抜くことができないと言われたら、その式場は検討外にしておきましょう。

打ち合わせが始まってから検討するという考えは、後から見積もりが上がることが多いです。

 

打ち合わせをしていき、そこで初めて必要になるアイテムがわかる

正直、新規接客の3時間〜4時間で打ち合わせ内容を全て話すのは不可能です。

打ち合わせで初めてわかることもあります。

なので、どれがどのくらい上がるのかプランナーに確認する、それか事前に調べておきましょう。

 

しょうた
しょうた
新規の段階でお花やカメラマンとお話しをしたいと希望されても、それは打ち合わせになるので基本断られます。なのでプランナーには、アイテムの中央値を見積もりに入れてもらいましょう。

 

本人は不要でも両親が入れておくべきと説得される

料理で例えてみましょう。

新郎新婦はPLAN内の料理でいいと打ち合わせを進めていたが、両親がグレードを上げてとお願いされたとします。

どこまで上げるか、人数はどのくらい呼ぶかによりますが数十万円は上がりますよね。

この料金を新郎新婦が支払うか親御様が支払うかは話し合いが必要です。

ここも見積もりが上がる原因でもあります。

 

結婚式はお2人だけのイベントではないので、きちんと親御様にも相談しましょう。

 

 

見積もり以外で他にかかるところは?


ここは盲点のところをお話しします。

「見積もり金額が全てクリアになった!よし、この金額を用意しよう」はNGです。

他にもかかるところがあります。

下記をご覧ください。

 

  1. お車代
  2. お礼

 

これも重要なので順番に説明をしていきます。

 

お車代

お車代は、遠方ゲストには必須で交通費の半額~全額が必要です。

例えば、大阪から東京に来られる場合、飛行機、新幹線、バス、車と交通手段は多くありますが、その中から一番高い交通手段の費用を負担してください。基本、飛行機や新幹線になりますね。

 

飛行機もLCCの料金ではなく、ANAやJALの料金にしましょう。

 

お礼

お礼は人によって変わります。

  • 主賓挨拶をする人には1万円〜
  • スピーチや余興をする人には3000円〜1万円
  • 受付をする友人には3000円〜5000円

と幅があります。

余興は内容によりますが、時間やお金がかかっていると思われる余興はそれなりのお礼が必要です。

以上ですが、こういったお話しは打ち合わせのときにされるので、見学前にどのくらい必要か概算で出しておきましょう。

見学のときの見積もり説明ではお話しをしないので、よく考えましょう。

人数もある程度決めておくと参列するゲスト層もイメージできるので、お車代やお礼も考え安いですね。

 

 

まとめ


以上が打ち合わせで上がらないようにする5つのコツと見積もりを見るときの注意点でした。

5つのコツ
  1. 参考価格になっていないか確認する
  2. 何人呼ぶかできるだけ具体的にしてから見積もりを作る
  3. 実際に入ってあるアイテムのグレードを見せてもらう
  4. 数十万円単位で上がるアイテムを初期見積もりで入れてもらう
  5. サービス料の確認をする

 

数百万円も上がるカラクリ
  1. 式場側が安く見せるためにアイテム類を入れない方向で話を進める
  2. 打ち合わせをしていき、そこで初めて必要になるアイテムがわかる本人は不要でも両親が入れておくべきと説得される

 

見積もり以外他にかかるところ
  1. お車代
  2. お礼

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

きっと見積もりを見る力がついたかと思います。

具体的な見積もりを作成してもらうためには、結婚式に何が必要なのかは人それぞれなので、結婚式に必要なアイテムは勉強が必要です。

勉強は嫌と思われる新郎新婦様もいらっしゃるかと思いますが、車や家を買うとき、保険に入るとき、投資をするときなどは少しは調べると思います。

それくらいで大丈夫です。

自分たちに必要な、必要かもとなるアイテムは見積もりに入れて作成してもらいましょう。

さらに、見積もりが全てではなく、お車代やお礼も忘れがちですのでお気をつけください。

最後に


即決割引 この言葉を聞いたことのある新郎新婦様は多いかと思います。

それはあってないようなものなのでご注意ください。

他の会場に行かせたくない早く成約してほしいという考えのもと生まれた割引です。

見学のときは、テンションが上がり正常な決断をすることができません。

一旦冷静になって考えましょう。

「今日決めたら即決割引します」と無理に成約させる会場は検討外にしましょう。

「え、どうしよ。こんなに割引してもらえるなら」という気持ちになると相手の思う壺です。

今日決めなくても後日に、「やっぱりあなたの会場がよかった。この前提示してくれた即決割引を適用してくれるなら決めようと思う」などと言えばすんなり割引してくれますよ。

即決割引に惑わされないようにしてくださいね。

 

しょうた
しょうた
説得されて決めるのではなく、納得して決めるよう。

 

見積もりで不安なことや心配事があればお気軽にお問い合わせくださいませ。

それでは、良い結婚式にしてください。